【BHAJAN バジャン】愛を歌う賛美歌

*このページでは、いくつか私たちが歌っている、バジャンの動画を紹介しています。

バジャンとは?
サンスクリット語で神の名や物語を歌う、インドの賛美歌。

バジャンは、人々のハートを開き、愛を開き、ただただ溢れる喜びと幸せをもたらします。

人々が観念や執着を手放し、マインドを静め、純粋さを取り戻すための、強力なサポートとなります。

また、バジャンは私たちの魂が「愛そのもの」となり、その「愛」を周囲に放ち分かち合うことの出来る、
最も簡単で、最もパワフルな方法であるともいわれています。

神の御名を軽快なリズムと美しいメロディにのせて合唱するバジャン。
初めての人でもリードの後について、一緒に歌うことができます。

誰もが自らの内なる愛に出会い、喜びと一体感を体験します。

 
神の御名は、神それ自体よりもパワフルです。
なぜならその名を口にするだけで、すぐさま神がその場に駆け寄ってきてくださるのですから。
Paramahamsa Sri Swami Vishwananda


~ Hari Om Gurudeva ハリオムグルデーヴァ ~
Gurudevaの[Guru]とは、私たちが魂のまま、真の自己として生きる道を思い出させ、導く存在。
世界中に弟子を持つ彼らは、時に皆の両親のようであり、恋人のようであり、友人のようであり、、、
神それ自体、宇宙それ自体、究極の真実を、直に体験させてくれる存在。

数年前出会ったグルは、チャーミングでクールな現代のマスター。
インド文化はもちろん、神とは、愛とは何たるかなど、日頃気に留めることの無かった人生。
そんな私でも、一目観てその深く美しい瞳の奧に、絶対的な「何か」を感じ取った。
そして今は彼を、親しみを込め「グルジ」と呼び、いつでも身近に感じることが出来る。
そんな、シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダに捧げる歌。



~Hara Om Shiva~
抱きしめる聖母、Ammaの元で歌われる、Shiva神のバジャン。

流れる河の中に、シヴァ神の名が響いている
すべての中にシヴァ神が浸透している
私や、私のものという言葉は要らない、すべてが神に属している

我々の生きる世界のすべてに神が内在するという真実を、力強く美しく歌った一曲。